カートの中身を見る
カートの中に商品はありません

エッチング工房Il mare

気持ち♥届けたい!

皆様の身近に「笑顔」が
溢れることを願って
お手伝いをさせて頂いて
います。
『おめでとう』
『ありがとう』
『好き』
『嬉しい』
『頑張れ』



メッセージサンプル
お買物の流れ
お客様の声
店主の想い
オリジナルギフトについて
配送について
サイトマップ
素材1 -グラス-
素材2 -ガラス・クリスタル他-

オリジナルギフトについて


オリジナルギフトの彫刻方法


当店でのオリジナルギフトの彫刻は、サンドブラストという技法で
  一つ一つ心をこめて製作しております。



サンドブラストとは、サンド(砂)とブラスト(突風)でガラスなどを削る
彫刻技法です。
金剛砂などの微細な砂にコンプレッサーで圧力をかけてガラス表面
を削ります。その際、デザイン部分以外のところにマスクをし、露出
した部分だけが削れるのでデザインが彫刻されます。
圧力を強くして、長く砂を当てるとたくさん削れ、深く彫りこめます。
それを利用して、段差を作ったり立体的に彫ったりして、デザインを
彫り上げていくのがサンドブラスト工芸といわれるものです。

1870年代アメリカで錆落しとして開発されたショットブラスト。
ショットブラストは現在もさび落としなど工業の世界で使われていますが、馬力も
その仕組みもちょっと複雑かつ、 様々なものに対応できるように開発されたのが
サンドブラストです。

その他にもサンドブラスト同様の効果が得られるものとしてエッチングがあります。
エッチングはフッ化水素による腐食を利用し、サンドブラスト同様の効果を得られる
技法ですが、酸が強力で危険が伴います。一般的にこれらを総称してエッチングアー
トと呼ばれています。


サンドブラストを施した商品は印刷やペイントとは異なり、文字やデザインがいつまでも
色褪せることなくお楽しみいただけるのはもちろんのこと、素材はガラスに限らず金属や
石・木材などあらゆるものに彫刻が可能で、デザインもご自身で描かれた絵や書、お店の
ロゴなども表現することができます。




さまざまな彫刻技法


平彫り
  最も基本的な彫り方で彫刻部分全体を均一に彫刻します。
  一般的にはデザイン部分を彫刻します。




二段彫り
  浅く彫る部分と深く彫る部分とを組み合わせて彫刻します。
  葉のデザインで例えると輪郭を深く彫り、葉の中の部分を浅く彫ります。
  深さを変えることで、より立体的で美しい図柄の表現が可能です。



段彫り(多段彫り)
  最も技術を要する技法でサンドブラストでは最高峰の彫刻方法です。
  デザイン一つ一つの深さをかえて奥行きのある高級感あふれる作品に
  仕上がります。




以上、サンドブラストによる彫刻技法は、平彫り、二段彫り、段彫りと大きく分けて
3つに分類されますが、これに加えて彫刻面や彫刻の深さを変えることによりさらに多くの
バリエーションがお楽しみいただけます。
 
彫刻面 表彫り 通常ガラス以外の素材(金属・石・木など)はこの方法を用いますが、ガラス素材でもグラスやボトルなどは裏から彫刻するのが困難なのと衛生上の理由から表から彫刻するのが一般的です。鏡を表から彫刻すると彫った部分が鏡に映りこみ立体的に浮き出た感じになります。
裏彫り 裏面から彫刻すると、段彫りのように深さを変えることによって表の鑑賞面からは深く彫った部分が手前側に浅く彫った部分は奥行きのある躍動感あふれる美しい作品に仕上がります。鏡を裏面から彫刻した場合、彫った部分はメッキの層をけずり取るため、すりガラスのような乳白色に変化します。
彫刻の深さ 浅彫り ワイングラスやタンブラーなどのグラス類はあまり厚みがないのと実用的な面から、彫ったあと爪がかるく引っかかる程度の深さで彫るのが一般的です。
深彫り 鑑賞用のデザインなどは深く彫ることにより光の作用でとても綺麗に見えます。細かい文字などはあまり深く彫ると全体的にえぐれたような感じになるため、全体のバランスを考慮し深さを調整します。


また、用途によって
・スリ加工 ・スリボカシ ・段彫りボカシ ・タペストリー加工 ・フロスト加工などの
加工を行うことで、お店のパーテーションや窓などの向こう側を見えにくくしたり、
より豊かなデザイン表現が可能になります。

 
スリ加工        スリボカシ       浮かし彫り





着色とコーティング

着色にもさまざまな方法があります。

着色&コーティングなし
  彫った部分が白いすりガラスのようになります。
  写真:ワインボトルとグラス(文字を彫刻した後、全体をスリ加工)


グラスコート仕上げ
  グラスコートを塗布することで少し透明感が出て、素材そのものの
  美しさが表現できます。また、段彫りや2段彫りの深い・浅いがはっ
  きりします。 但し、安全衛生上、直接、飲食物や口に触れる場所へ
  の塗布は致しておりません。
  写真:グラスにデザインを平彫りした後、コーティングしたもの


パウダーカラー
  半透明のパステルカラー調に仕上がります。主にガラス素材への
  着色に利用しますが、グラスコート剤も使用するため、直接、飲食
  物や口に触れる場所への着色は致しておりません。
  写真:ウェルカムボード(鏡)に彫刻した後、着色したもの


ネオフラッシュカラー
  特殊塗料を塗布することにより、通常照明時は彫刻をしただけの
  乳白色の状態で、ブラックライトをあてることにより色鮮やかに
  発光します。固体であればほとんどの素材に塗布が可能です。
  写真:上が通常時、下がブラックライト照明時


ラッカー
  汎用性に富みガラス以外にも金属・石・木など、あらゆる素材に
  対応可能で、耐水性耐摩耗性に優れていることから屋外で使用さ
  れる看板などへの着色にも用いられます。仕上がりは一色一色が
  しっかりとした色付けとなります。
  写真:ボトルへの彫刻後に着色したもの






さまざまな素材


ガラス
  サンドブラストの良さがもっとも活かされる素材で厚みにより平彫り・二段彫り
  段彫りとすべての技法が活用できます。
  【彫刻例】グラス・ボトル・ウエルカムボード・フォトフレーム・ペーパーウエイト
  大型建築(パーテーション・洗面ミラー)etc..


陶器・タイル
  表面が硬くコーティングされており、中は比較的やわらかいため均一に彫る
  のに技術を要します。サンドブラスト後は彫刻がされていない部分との色の
  違いがあまりない為、ほとんどの場合は着色を施します。
  【彫刻例】マグカップ・タイル・花瓶・湯呑み・お茶碗・お皿etc..


金属
  金属の中でもシルバーは、やわらかくデリケートなためとても神経を使います。
  ジッポなどは、真鍮にメッキ加工されているものが多く、サンドブラストで
  表面を削ることにより下地が浮かび上がり自然な風合いに仕上がります。
  【彫刻例】ZIPPO・名刺入れ・マネークリップ金属製フォトフレームetc..


木材
  自然の趣をいかした木工品はおなじ木材でも一枚ずつ表情が違います。
  木目や節など自然の味わいをいかし、手彫りを超えた精密さで絵柄を表
  現します。
  【彫刻例】表札・店舗看板・案内板etc..


石材
  石のもつ重厚感に加え、サンドブラストをほどこすことにより落ち着きの
  ある豪華な雰囲気が味わえます。表札から石碑まで用途はさまざまです。
  【彫刻例】表札・文鎮・看板・石碑etc..


デニム
  彫刻するというよりは、ダメージを与えるイメージになりますが、オリジナル
  デザインを楽しめます。
  【彫刻例】ジーパン・ジージャンetc..




そのほかアクリルやプラスチックなどもOKです。


ご覧頂いたようにサンドブラストアートは、あらゆる素材にあった彫刻技法を
用いることによって、さまざまな表現が可能です。
またこれら以外の素材でも、こんなものには彫刻できないの?といったご質問・ご要望が
ございましたらお気軽にご相談ください。
出来る限り、お客さまに喜んでいただけるように努めてまいります。






ちょこっと豆知識
ガラスについて

 
フロートガラス 一般的に透明板ガラスのことです。板ガラス業界では、透明板ガラスの5mm厚はFL5、6mmはFL6と表示します。
ミラー(鏡) 透明板ガラスに銀引きを施し、その上を塗装しています。
高透過ガラス 普通のフロートガラスよりも透明感があります。
強化ガラス フロートガラスに熱処理を施した、衝撃に強いガラスです。エッチングには向きません。スリ加工は可能です。主に自動ドア、車などに使われています。
耐熱ガラス 強化ガラス同様にエッチングには向きません。スリ加工は可能です。
クリスタルガラス 製造の過程で鉛を混ぜ透明度を高くした高級ガラスです。ガラス自体は軟らかく、指で弾くと?キーン"と心地よい響きがします。
ソーダガラス 一般のタンブラー、ビールジョッキ等安価なものです。年月が経つと汚れていなくてもガラスに混じっている鉄分が酸化し、少し茶色っぽく変色します。
被せガラス ガラスの色の層が2層、3層になっています。表面層を彫刻し下地の色を出したり、段彫りを施してから圧力を下げて表面の色の層を少しずつ削りグラデーションを出したボカシにすると、より高級感を出すことが可能です。